カテゴリー別アーカイブ: プラセンタはアトピーとぜんそくに効く

プラセンタでアトピーとぜんそくが治った例|サプリも試す価値があり

アレルギー病に効くプラセンタ

アトピー性皮膚炎やぜんそくなどの難治のアレルギー病で悩む人が急増しています。

こうしたアレルギー病が「プラセンタ」で改善したという例は多くあります。

アトピーやぜんそくは、体内に侵入した異物を処理する白血球の働き(抗原抗体反応)が、なんらかの原因で過剰になって正常な細胞 を攻撃するようになり、皮膚や気管支で炎症が起こる病気です。

ステロイド剤

ステロイド剤 リドメックス

現代医学では、ステロイド剤を使って炎症を強引に止める治療法が中心ですが、そのことがかえってアレルギー病の治療を難しくしているという指摘もあります。また、ステロイド剤は副作用も懸念されています。

 

アレルギー反応や炎症反応を抑える

その点、プラセンタには問題となるような副作用がありません。通常、臓器には、持ち主を識別するナンバーのようなものがついているため、他人に移植をすると拒絶反応を起こします。ところが角膜と胎盤は、そのナンバーがなく、異物として認識されない珍しい臓器です。それでプラセンタは副作用が少ないのです。

活性酸素除去プラセンタには抗炎症作用のほか、抗アレルギー作用、活性酸素除去作用、自律神経調節作用、細胞活性化作用、血行促進作用が備わっていることがわかっています。そのためプラセンタは、二重三重の働きで白血球の働きを正常にし、炎症を促進させる活性酸素も除去することで、アトピーやぜんそくを無理なく改善に導くのだと考えられています。

 

そして、それらを可能にしているのが、プラセンタに含まれる各種の免疫抑制物質(具体的には、妊娠初期因子、ビタミンD、オメガ3系多価不飽和脂肪酸、 ガングリオシド、コンドロイチン硫酸、グルコサミンなど)が複合的に働く結果、アレルギー反応や炎症反応が絶妙に抑えられるというわけです。

 

わずか3ヶ月でアトピー肌がきれいになった例

実際に、プラセンタ療法によってアトピーやぜんそくがよくなった人が数多くいます。
例えば、30年近く全身のアトピーに悩まされてきた43歳の女性は、プラセンタ注射を週2回、3ヵ月間続けて受けたところ、肌が全体にしっとりし、アトピーに特徴的な皮膚の乾燥と色素沈着がかなり改善されました。

アトピーが治った

ぜんそくの発作が減少した例

また、重症のぜんそくの発作がプラセンタによって著しく減少した例もあります。
これは、プラセンタによる治療を積極的に行っている医師の話ですが、70歳の女性はステロイド内服薬を長い間飲んでいても頻繁にぜんそくの発作が起こって、ステロイドの吸入や点滴をたびたび受けていました。

ところが、週1回のプラセンタの注射を受けはじめてまもなくカゼを引きにくくなり、ぜんそくの発作の回数も減って症状が大幅に軽減したといいます。そして、ステロイド内服薬の量も減らすことができたのです。

プラセンタでぜんそくが治った

なお、アトピーやぜんそくの改善を目的としてプラセンタを用いる場合、重症の人は週に2回の注射が最適ですが、軽症であれば手軽に手に入るプラセンタのサプリメントで効果が出ます。予算や通院の手間と比較して選ぶとよいです。

 

重要なプラセンタ選び

そしてプラセンタサプリは品質がピンからキリまでたくさんあります。
しっかりと効果的なプラセンタサプリを選びたいものです。

次のページ
≫≫プラセンタサプリが美肌にいい理由|シミやたるみに効く仕組みとは

当サイトの人気ページ
≫≫馬プラセンタサプリの比較表
≫≫究極のプラセンタサプリはどれ?