厳選 植物性プラセンタ

植物プラセンタ

【植物性プラセンタ ベスト1】

 

植物性プラセンタは『植物性の胎盤』が成分として含まれています。 植物にとって胎盤(プラセンタ)の働きをするのは、胚の若芽の中心部で作られる胎座 (プラセンタ) です。その胎座(プラセンタ)は成長期に植物の実の滋養分となります。

 

植物性胎盤 (Vegetal Placenta) は 特別な種類の植物の芽がまだ細胞分裂の初期の段階にあるときに抽出されます。植物性プラセンタは人間の細胞の栄養状態を良くし活性化させることによって、 細胞の働きを活発にする働きがあります。

動物性には含まれるグロースファクター(成長因子)が含まれていないのが特徴です。

 


人気NO.1

ライ麦から動物顔負けのエキスを抽出!

 穂のしずく (販売元:ピヴォーヌ・インターナショナル㈱)

穂のしずく
ライ麦から針の穴ほどの胎座を特許技術で取り出しエキスを凝縮しています。1粒あたりプラセンタ原末量は不明です。

 

1粒450mgのカプセルに原材料として、純植物プラセンタエキス末、レッドクローバーエキス末、加工デンプン、グリセリン、増粘多糖類、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン、カカオ色素が含有されているので、混ぜ物有りのプラセンタサプリメントです。

1粒ずつの個別パッケージになっています。定期購入は30粒入りが6,980円、単月購入が7,980円です。トライアルが10粒で2,980円なので、まずはこちらをお試しください。
≫≫極上プラセンタ”穂のしずく”で老いをストップ!

 

 

コストパフォーマンスで選ぶなら≫≫母の滴プラセンタEX

当サイトの人気ページ
≫≫馬プラセンタサプリの比較表
≫≫究極のプラセンタはどれ?