タグ別アーカイブ: プラセンタの副作用

プラセンタに副作用はあるの?

プラセンタに副作用はあるのでしょうか??

プラセンタの副作用は?

プラセンタには副作用がほとんどありません。

取り出す前のプラセンタは母体内で胎児の免疫系等を代替しています。胎盤のおかげで母子ともに健康でいられるのです。通常、臓器には持ち主を識別するナンバーのようなものがついているため、他人に移植をすると拒絶反応を起こします。ところが角膜とプラセンタは、そのナンバーがなく、異物として認識されない珍しい臓器です。そのためプラセンタには副作用がほとんどないのです。

その後取り出され、製品加工されたものは蛋白質(アミノ酸も含む)製剤として認可されています。蛋白質アレルギーの人などに、異種タンパク質による一過性の拒絶反応が出る場合があります。この場合は、かゆみや発疹として体に現れます。

 

プラセンタでアレルギーが出た場合の対処方法

プラセンタの副作用かゆみや発疹が出た場合は、服用量を半分にして継続すれば問題ありません。しかし症状がひどく、長引く場合は医師に相談してステロイドを併用して下さい。プラセンタは元来「免疫学的寛容性」をもっているため、アレルギーやアトピー性皮膚炎の体質改善として利用されています。他のアレルゲン(抗原)とは異なった働きをしているようです。

その他プラセンタの副作用はありませんが、女性の生理が早まること、生理時の出血量が多くなる傾向、便が柔らかくなる傾向などがあります。継続服用していると正常に戻りますので心配ありません。

またプラセンタを飲むことで、いつもと何か違う症状が出た場合。それは効いている証拠と捉えることもできます。理論上プラセンタによって、内分泌系が正常化され症状はだんだん出にくくなります。症状にもよりますが、1か月程度様子を見ることができれば、最終的には前よりも良い方向へ向かうことがほとんどです。肌に異常が出た場合などは、悪い症状が出きった後に、良い状態へ向かう傾向があります。いったん悪いものを出しきるという考え方もできるのです。

 

次のページ≫≫プラセンタ注射についての考え方

 

結論を急ぐ方は≫≫一番効くプラセンタサプリはどれ?|究極のプラセンタサプリはクリニックでしかもらえない

当サイトの人気ページ≫≫馬プラセンタの比較表