タグ別アーカイブ: プラセンタは繊維芽細胞

プラセンタがしわに効く理由|研究で実証されています。

プラセンタはしわに効く

プラセンタエキスが肌のコラーゲンを増加

プラセンタエキスが皮膚の新陳代謝を担う繊維芽細胞を活性化し、肌の若さを保つコラーゲンを増加させることが2011年に実証されています。
プラセンタに美肌効果があることは経験的に知られていました。しかし、これまでプラセンタの肌への作用に細胞レベルで迫った実験は例がありませんでした。

 

若々しい肌の鍵は繊維芽細胞

繊維芽細胞肌の奥深くにある真皮が衰えてしまうと、肌はハリを失い、しわになります。
若々しい肌を保つためには、真皮内に、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸という真皮成分が十分にあることが必要です。この真皮成分を生成するのが線維芽細胞。美肌の鍵を握るのは、まさにこの繊維芽細胞なのです。
線維芽細胞が老化し働きが鈍くなると、元気な真皮を保つことが出来ず、肌のハリや弾力が低下します。

線維芽細胞の働きには次の3つがあります。
1.真皮成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を産み出す。
2.細胞分裂を行い、線維芽細胞を増やす。
3.コラーゲンを束ねて真皮の構造を作り上げる。

特に肌に弾力をもたらす成分コラーゲンは線維芽細胞で作られます。繊維芽細胞が老化するとコラーゲンの生産量も減りしわの直接の原因となります。

 

プラセンタは美肌に効くことが実証された

ヒトの皮膚から採った線維芽細胞を用いて培養液にプラセンタエキスを加えるという実験を行ったところ、

1.線維芽細胞の増殖率 → 増殖率が10~ 20%高くなった。

2.コラーゲンの濃度 → 加えたプラセンタの濃度に応じて増加した。

3.コラーゲンを分解する酵素の生産量 → 酵素の生産が大きく抑えられた。

ということが分かりました。(実験は金大大学院医学系研究科の吉川智香子さん)

繊維芽細胞+コラーゲン

これらの結果から、プラセンタエキスが皮膚の線維芽細胞に働き掛けてコラーゲンの増加を促し、しわ縮小などに貢献していると結論付けられます。

また、繊維芽細胞を増殖させる働きは真皮成分の増加につながり、ハリのある若々しい肌を保つ効果につながります。

プラセンタエキスに美肌効果があるということが実証されているのです。

実証されたプラセンタを効果的に摂取するには、良質で安全な馬プラセンタ100%のサプリが最適です。30日間、毎日400mgのプラセンタを摂ってみてください。『母の滴プラセンタEX』で当編集部のスタッフにも結果が出ています。コスパNo.1のプラセンタです。

 

当サイトの人気ページ!73種類のプラセンタを比較しました。
≫≫馬プラセンタサプリの比較表
≫≫究極のプラセンタサプリって?