タグ別アーカイブ: 優駿プラセンタの口コミ

優駿プラセンタのコスパは?品質は?

国産サラブレッドプラセンタのコスパNO.1を目指して作られたのが優駿プラセンタです。
かなりコスパの高い商品に仕上がっています。
国産でどれがいいかを迷っている方にはベストの選択肢になります。

優駿プラセンタのパッケージ

優駿プラセンタ

商品データ
商品名:優駿プラセンタ
内容量:20粒入り(20日分)
原末配合量:1粒あたり250mg
トライアル:2,138円(税込)
定期購入時:4,082円(税込)、60粒入りだと10,670円(コスパ1.40)
通常購入時:4,622円(税込)
送料:無料
コスパデータ:1.22(国産馬プラセンタ2位)

 

ポイントは2つです。

1.北海道産サラブレッドプラセンタでコスパ2位。(1位とは僅差)

2.1粒に250mgの原末配合は他にありません。原末は信頼できる製造元。

優駿プラセンタはコスパ重視

北海道産サラブレッドプラセンタで最安値です。

優駿プラセンタのコスパについて

このサプリはコスパを意識して作られています。コスパについて語らないわけにはいきません。

年間6,000頭しか生産されない北海道産サラブレッドの原末は非常に貴重です。国産サラブレッドといえばキレイ・デ・プラセンタが長い間、最安値でした。が、優駿プラセンタはそれを上回る安さを実現しています。国産サラブレッドプラセンタでキレイデプラセンタを超えるものが、やっと出現しました。

優駿プラセンタの粒の大きさ

250mg入っている優駿プラセンタのカプセル。カプセルは透明で、ゼラチンしか使われていません。

ただ、状況が変わりました。優駿プラセンタはしばらくのあいだ国産で最安値でしたが、新しく発酵キレイデプラセンタ(コスパ1.33)が発売されると国産NO.1はそちらになってしまいました。ただ、コスパはわずかしか変わりません。差は0.11です。ほとんど同じコスパと言ってもいいレベルです。さらに相手は発酵プラセンタという特殊は素材を使っています。

純粋な国産サラブレッドプラセンタのサプリとしては最安値と考えて良いです。コスパNO.1の母の滴プラセンタEXはメキシコ産の馬プラセンタです。国産を希望する場合は優駿プラセンタを選んでください。≫≫【優駿プラセンタ】

 

優駿プラセンタの特徴

優駿プラセンタの原材料名

原材料は馬プラセンタエキス末(原末)、ゼラチン、発酵大豆胚芽抽出物(大豆イソフラボン)、ヒアルロン酸の4つだけです。

プラセンタ原末については1粒あたり250mgの高配合となっています。僅かですがヒアルロン酸と大豆イソフラボンも配合されています。プラセンタ原末の250mgはかなり高水準な配合です。馬プラセンタで1粒当たりの配合量は断トツのNO.1です(2位は220mg)。1粒で多くプラセンタを摂りたい方には最適です。

カプセルは成分がゼラチンだけの無色のものを使っています。着色料として添加物が使われていないのが好印象ですね。

 

プラセンタ原末について

優駿プラセンタの原末

優駿プラセンタの250mgの原末です。タンパク質が多いので濃い茶色です。

プラセンタ原末は三共理化工業のものを使っています。三共理化工業の馬プラセンタエキスについては当サイト開設時の2012年に調査しており、成長因子を含んでいることを担当者に確認しています。よって優駿プラセンタもしっかりと成長因子を含んでいるプラセンタサプリだと言えます。

優駿プラセンタの原末をカプセルから出して舐めてみると、苦みが強く、香ばしさが強い馬プラセンタ特有の味がします。これは酵素分解からフリーズドライで作られた原末に共通する味です。しっかり作られているのがわかります。舌に残る味なのでカプセルから出して飲むのはお勧めできません。水分が少ないサラサラのパウダー状なのも確認できました。

 

優駿プラセンタを買ってみました。

優駿プラセンタの梱包

優駿プラセンタの箱には発送元のワールドコーポレーションの名前が入っています。

優駿プラセンタはゆうパケットで送られてきました。不在の際にはポストに入れてくれます。

箱には送付元としてワールドコーポレーションの名前や住所が入っていますが、それ以外は何も記載されていません。中身が何かは箱の外からではわからないようになっています。

優駿プラセンタの同梱物

優駿プラセンタの同梱物です。パンフレット等が入っています。

本品と一緒にチラシやパンフレットが同梱されています。
優駿プラセンタはまとめ買いがお得です。初回をトライアルコース2,138円で試した後は、40粒、60粒のまとめ買いをしないと損です。40個で7,538円、60個で10,670円です。定期購入は3回以上購入しないと解約できない縛りがあるので注意してください。

優駿プラセンタのPTP

優駿プラセンタは1粒づつPTP包装されています。

優駿プラセンタは1粒づつPTPシートに入っています。1シート10粒で、2シート入っていました。それがアルミの袋に入っています。飲む際に1粒取りだすと、カプセルからは若干のプラセンタ特有の香ばしいにおいが漏れています。ほんの僅かなので普通は問題ないとは思いますが、敏感な人は不快に感じる可能性がありますね。(においが苦手な方はこちらをどうぞ≫≫においが一切しない発酵キレイデプラセンタ

 

まとめると

1.北海道産サラブレッドプラセンタでコスパNO.2
ただし、NO.1の発酵キレイデプラセンタと差はほとんどない。発酵プラセンタが好きでなければこちらが最有力

2.トライアルコースが安い。一切縛りが無いので気軽に試せる。

3.プラセンタ原末の出所がはっきりしている。信頼できる。

4.新登場のサプリでコスパをしっかり考えて作られている。
以上。

もうすでに他社のプラセンタを定期購入している場合でも、この優駿プラセンタの2,138円のトライアルは試す価値があります。1回あたり250mgはやっぱり違います。これまで以上に感じるものがあるはずです。たまには気分を変えて優駿プラセンタに浮気してみてください。
≫≫【優駿プラセンタ】