タグ別アーカイブ: 豚プラセンタサプリ

豚プラセンタサプリとは

SPF豚の使用が当たり前に

現在、日本国内で販売されているプラセンタの大部分が豚由来のプラセンタです。プラセンタは当サイトで解説しているサプリメント以外にも化粧品や医薬品にも利用されています。豚の飼育数は馬に比べはるかに多いため、日本全国どこでもプラセンタが手に入ります。そのため原料としての価格も馬の約三分の一程度です。

豚プラセンタサプリのトレンドは「SPF豚」です。
SPF豚とは病気にかからないように清潔な環境で育てられた健康的な豚のことです。
豚プラセンタ

 

 

 

 

プラセンタ=胎盤である以上、怖いのは感染症などの病気。

そこでSPF豚の飼育は清潔な環境で行われます。その結果、体内に悪玉菌が少ない健康豚となります。健康豚の胎盤も健康という訳で、感染症などの心配が少ないといわれています。

悪玉菌が少ないから殺菌時に有効成分が壊れにくい

また、プラセンタを抽出する際に行う殺菌処理もSPF豚の方が短く行うことができるため、有効成分が壊れにくいという特徴があります。国内産の豚プラセンタの大部分がこのSPF豚を使っています。
しかし海外ではこの限りではありませんので注意が必要です。デンマーク豚のトレーサビリティについては編集部でも評価しています。固体識別まで管理されていて安心です。

当サイトの人気ページ
≫≫豚プラセンタサプリの比較表

豚プラセンタ 比較 プラセンタ100
豚プラセンタを厳選しました。

 

【豚プラセンタ ベスト3】

豚プラセンタの特徴は、安全性・有効性・価格のバランスが一番取れていることです。
商品的にはデンマーク産豚か国産SPF豚に二分されます。馬プラセンタに比べてリーズナブルだったはずが、そこまでの価格的優位を打ち出せていない商品が多い状態です。原料的には馬プラセンタ原末の方が豚プラセンタ原末に比べて約3倍価格が高いのですが商品化された段階でそこまでの価格差はありません。詳しくは≫≫豚プラセンタ詳細

コスパNO.1

プラセンタの原末をそのまま飲む!かなりすごい量のプラセンタが摂取できます!
ファンの多いこの商品。実績もあります。

原末プラセンタ (神のプラセンタ)  (販売元:ヒロソフィー)
プラセンタMAX

原末プラセンタ原末プラセンタは粉タイプ、プラセンタMAXはタブレットタイプです。どちらも形状が異なるだけで同じ原料から作られています。よってアミノ酸量などは全く同じで、同様の効果に期待できます。デンマーク産豚のプラセンタを酵素分解法で抽出し、スプレードライ製法で原末化しています。

特徴は、プラセンタ原末とにおいの調整のために環状オリゴ糖が入っているだけ、という点です。環状オリゴ糖はオリゴ糖だから甘いかというと、そうではありません。においを抑える役目を担っているだけで、味は無味です。そのため、打錠してコーティングしているプラセンタMAXは無味無臭ですが、原末プラセンタのほうは、独特な味がします。効きそうな味ですよ。1日で1000mgものプラセンタを摂取できます。どちらのサプリも詳細はここから≫≫ヒロソフィー神のプラセンタ

プラセンタMAX1回あたりのプラセンタ量は500mg。メーカーの推奨は1日に2回飲むことなので1000mgと、かなり多い量を摂ることができます。体が慣れてくれば半分の500mgにして60日間使うのも良い方法です。

プラセンタ原末あたりのコスパは2.88です。価格改定の結果、ブタプラセンタの中でコスパが一番良い商品になりました。デンマーク産の豚プラセンタ原末を使っているので品質はお墨付きです。
定期購入では30g(30日分)が単月購入で15,000円→9,800円です。
今ならトライアル品が5,000円→2,000円です。トライアルは送料650円がかかっていましたが、メール便に対応するようになりました。メール便なら送料は190円です。

詳細レビューは≫≫原末プラセンタ・プラセンタMAXレビューへ

 

コスパNO.2

気軽に試せるお試し品がお得です。

メディア露出も多いので見たことのある方も多いのではないでしょうか?

プラセンタつぶ5000 (販売元:協和 フラコラ)

プラセンタつぶ5000一番バランスの取れている豚プラセンタサプリメントです。
デンマーク産豚のプラセンタを酵素分解法で抽出し濃縮しています。この濃縮されたプラセンタが原末に換算すると1粒あたり112mg入っています。1回に3粒飲むので336mgものプラセンタが摂取できます。

 

 

定期購入では90カプセルが2,975円です。メーカーは1回に2~3粒飲むことを推奨しています。

プラセンタつぶ5000の粒の大きさプラセンタ原末のコスパは2.80です。高品質のプラセンタが定期購入で2,975円、単月購入で3,500円。この価格も魅力です。送料もかかりません。
この商品はプラセンタ+美容成分がカプセルに入っています。混ぜ物ありのプラセンタサプリですが、単純にプラセンタの含有量だけを比較しても優秀なサプリです。

※お試し品は45粒で980円、3パックまで購入が可能です。ということは135粒を2,940円で購入できるということです。これからプラセンタを試してみようという方にはとっつきやすい商品です。コスパは非常に優秀なので、もし体質に合わなくても被害が少なくてすみますね。
商品の詳細はこちら≫≫プラセンタつぶ5000袋タイプ

コスパNO.3

期待の新星。人気が出てきました。

FUWARI(フワリ) (販売元:(株)はぐくみプラス)

FUWARIを解説

FUWARIです。

人気急上昇中なのはこのサプリです。

1粒に120mgのプラセンタ原末が入っています。1回3粒なので360mgの摂取量になります。90粒が980円でお試しできます。

コスパ2位のフラコラを越えることを目標に作られたサプリです。プラセンタなどの美容成分がすべてフラコラ以上に配合されています。

初回980円は定期購入での申込みで適用されます。申し込みは定期ですが、継続購入しなくても大丈夫。1回でやめることも可能です。電話をするだけでストップOK。もし合わない場合は初回だけでストップしてください。継続購入も安いので気に入れば継続してください。≫≫プラセンタサプリ【FUWARI】

 

 

コスパNO.6
トライアルが無料+販売実績の桁がひとつ違います。

プラセンタ100  (販売元:R&Y㈱)

プラセンタ100
デンマーク産豚のプラセンタを独自製法で抽出したプラセンタサプリです。1粒あたりプラセンタ末は180mg配合されています。1日あたりは720mgになります。

エキス換算すると9000mgもの含有量です。メーカー推奨は1回に2~4粒飲むこと。プラセンタ原末あたりのコスパは1.56です。

 

特徴は、プラセンタ以外にもビタミンなどの成分が添加されていることです(プラセンタエキス(豚由来)、食用油脂、DHA含有精製魚油、EPA含有精製魚油、胡麻油、しそ油、ブドウ種子油、米胚芽油、大豆油、オリーブ油、ゼラチン、グリセリン、抽出ビタミンE、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン(大豆由来)、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB12)。
コラーゲンやヒアルロン酸という成分でなく、ビタミン系の添加が好印象。プラセンタにコラーゲンなどを添加しているサプリがありますが、プラセンタ自体がアミノ酸の塊のようなものなので、コラーゲンの添加は成分的に重複しているんです。

定期購入では100粒が9,400円、単月購入が11,880円です。初回キャンペーンでトライアル30粒が0円です。申し込むと30粒がもらえます。まずはトライアルから試してください。
高級感のある真っ赤なパケージ、サプリも1粒1粒がパーケージされているので見た目にも効きそうなサプリメントです。販売実績も日本一です。
商品の詳細はこちら≫≫高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

豚プラセンタの商品比較表はこちらのページ
≫≫豚プラセンタサプリの比較|人気のプラセンタサプリも比較しています。

 

馬プラセンタに比べて、安いと思われている豚プラセンタですが、きちんと内容を調べていくと、実は、馬プラセンタのほうが安くて良質なものがあるということがわかりました。

馬プラセンタの商品比較表はこちらのページ
≫≫馬プラセンタサプリの比較|これを見れば馬プラセンタサプリのコスパがわかります。